すい臓がんの転移や乳がんは病院で治療出来る【ガンよせつけない医】

女医と看護師

危険な部位のがん

巡回中

すい臓がんは通常の臓器に出来るがんとは違い、初期状態での自覚症状が現れにくいため、発覚が遅れて体の広範囲に転移が認められたという事態に陥ることもあります。定期的な人間ドッグを利用することで発見率を高められます。

More...

移った場合の治療

医師達

転移がしやすいすい臓がんなどに掛かった場合、他の臓器や筋肉に転移してしまう事があります。数が少なければ外科療法で切除を行い、広範囲にわたっている場合は抗がん剤や放射線治療、免疫療法などが利用できます。

More...

検診を受ける

乳がん検診は2種類が今の主流

医師と患者

乳がん検診の現在の取り組みやトレンドについて、2種類の方法が主流となっています。乳がん検診として知られているのは、マンモグラフィーです。乳房を挟んで様々な方向から撮影することによって乳がんを発見する機械で、乳がん検診の主流として使用されていました。しかし、今では妊娠の時に胎児を見る超音波エコー検査によって乳がんを発見することも出来るようになりました。マンモグラフィーは乳房を挟むため、痛みを伴うことがありますが、エコー検査は寝ているだけなので人気があります。乳がんになる可能性の低い若い人はエコー検査だけ、35歳以上になるとマンモグラフィーと合わせて検査を行う人が増えています。2種類の検査を行うことで、乳がんをより発見しやすくなっています。

エコー検査で若年層の検診が増える

乳がん検診の今後の動向についての予測ですが、より若い年代から受けやすい環境になると考えられます。マンモグラフィー検査だけでなくエコー検査によって乳がんの発見を出来るようになったことで、より若い世代でも受けやすくなると考えられます。痛みがないというのが主な理由ですが、もう一つ若年層は乳腺密度がより濃いためエコー検査が望ましいというのが言えるからです。乳がん検診は恥ずかしいと躊躇する人も中にいるかもしれませんが、エコー検査はベッドに横たわって診てもらうだけなので受けやすいということです。若いうちからエコー検査に慣れていると乳がん検診の大切さが理解できる丈、マンモグラフィー検査にも以降し易いと考えることから、どんどん増えていくと予測できます。

再発のリスク低減

車いす

すい臓がんは転移しやすい事で有名です。たとえがんの治療を終えとしてもまた再発する可能性があるため、油断することはできません。食生活の改善や生活習慣の向上によっては免疫力が高まり、再発するリスクを大きく下げられます。

More...